ハゲ防止!寝る前にひと工夫を

スポンサーリンク

男性にとってハゲは大きな悩みのひとつ。人生を左右するといっても過言ではありません。「遺伝だから...」と諦めていませんか?寝る前のひと工夫でもしかすると...

アルコールがハゲのもと?

年末・年始・異動の季節。年中飲食の機会は絶えません。

実は、この飲酒、ハゲの原因となる可能性があるんです。

直接の抜け毛の原因とはいえませんが、ご存知のとおり、お酒を飲みすぎると肝機能に障害を起こし、さまざまな疾病やアルコール依存症を引き起こすきっかけに成り得ます。

仲間が集まるイベントでは、つい箸より酒が進みがちになりますよね。

飲酒が多くなると食事をちゃんと取らなくなったり、不規則な生活にもなりがちです。そのため、睡眠不足が進み二次的に抜け毛が増えてしまう可能性があるというわけです。

冬はハゲが進行する

寒い季節は、手足に限らず頭皮も乾燥しがちになります。

頭皮が最もダメージを受けやすいのは「夏」というイメージを持っているかもしれませんが、実は冬も油断ならない季節なんです。

頭皮が乾燥していると健康な髪が生えにくくなるんです。抜ける毛の本数は変わりませんから、結果的に薄くなる...。

また、頭皮の乾燥によって皮脂がでてしまい、結果、免疫力の低下や皮膚炎の引き金になったり新陳代謝の乱れや、かゆみ、フケなどのさまざまな炎症を引き起こすことがあります。

頭皮の健康状態が崩れると、抜け毛の症状が出やすくなるだけでなく、新しい髪が生えにくくなることもあるのです。

寝る前のひと工夫でハゲ防止

髪の毛は成長ホルモンの分泌と同様に夜間に一番成長します。

睡眠不足が続いてしまうと、毛母細胞の細胞分裂が低下し、頭皮の血流が悪化し、それが髪の成長を妨げることがあるのです。

毛根にある毛母細胞の細胞分裂は、9時前後にピークとなり22時から2時が最も成長します。髪の毛のゴールデンタイムです。

そのため、22時から2時までの4時間を含んだ6時間以上の睡眠が理想なんです。

また、寒い部屋で寝ることも睡眠の質を下げる原因になり、睡眠の質が下がると薄毛が進行してしまいます。

出来る限り寒い部屋で寝ることを避け、温かい部屋、暖かい布団でぐっすり眠ることが、結果的に抜け毛防止に繋がのです。

結局は、健康的な生活が必要ということです。

まとめ

・寝室は適切な室温・温度に設定する
・深い眠りにつくために、寝る2~3時間前に入浴して体温を下げ気味にしてから布団に入る
・就寝前は大量のアルコールは飲まない

以上、「髪は長い友達」大切にしたいですね。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*