相手の立場に立ってものを考える!それが人間関係のストレスを減らす

スポンサーリンク

 

人間関係のストレスに悩まされているあなたのために、ちょっとしたコツをお教えします。これでストレスから解放されたら最高です。是非試してみて!

自分中心

あなたは今、「自分は...自分は...」になってませんか?

自己主張する前に「相手の立場に立ってものごとを考える」。これが何より重要です!

まぁ、言葉でいうのは簡単ですけど、実践するのはなかなか難しいですよね。つい自分中心になってしまうのは人間の常ですからしょうがないといえばしょうがない。

しかし、円満な人間関係を築いていくコツのひとつに、「相手の気持ちや、相手の立場に立って考える」ということが良く言われます。

相手の気持ちや立場を理解することができれば、その相手にやさしい気持ちになれるということです。

そして、思いやりある気持ちで相手に接すれば、相手も自分にやさしくしてくれます。

まさに、その通りです!頭ではわかってますよね。

自己主張する人

しかし残念ながら、相手の気持ちや立場に立つことができなくて、つい自分の都合ばかり主張する人がいるのもこれまた事実。

こういうタイプの人は、周りの人と意見が合わなくて、とかく衝突してしまいがちになります。
そのため、その人自身も、常に人間関係のストレスに悩まされることになってしまいます。

もちろん、自分の気持ちや立場を相手に伝えていこうとするのは大切なことです。

しかし、そのときに、ちょっとだけでも相手の気持ちや立場を想像してみるという習慣を持つと良いですよ。

相手の立場

「そうか、この人は、こういう気持ちから、こんな言い方をするのか」
「この人は今、難しい立場に立たされているんだな。だから、こういう行動を取るんだ」

ということが想像できれば、相手への接し方が変わります。ストレートに自分の気持ちや立場を主張するだけではなく、相手のことを自分なりに考慮した上で自己主張する方法をとれるようになります。

そうすれば、むやみに相手と衝突してしまうことを避けられます。

その結果、どのような相手とも円満につき合っていくことができ、人間関係のストレスも軽減されていきます。

そして、それは人間関係のストレスをなくし「心休まる穏やかな生き方」につながるでしょう。

相手の立場を考慮することが、自分自身の心の安らぎとなるのです。

早速明日から実践してみましょう!

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*