その行動が職場の嫌われ者になる!解決法はこれ

スポンサーリンク

多くの人は、職場で皆から好かれたいですよね。少なくとも、「厄介だなぁ...」と思われる同僚にはなりたくないはず。しかし、残念なことに、知らず知らずのうちに同僚をいら立たせてしまう行動をする人は多いものです。今回は、無意識のうちに同僚を不快にさせてしまう行動とその解決法をご紹介します。

過去の栄光にこだわらないこと

ハッキリ言って、同僚はあなたの昔の成功談に興味はありません。過去の栄光は、仕事を見つける場合には効果を発揮しますが、その後は効果を発揮しません。

まずは、地道な仕事をコツコツと続け結果をだすことがなにより大事です。そんなあなたを同僚はしっかり見ているんです。

自分のやり方を強制しないこと

あなたは常に自分が正しいと思っていませんか?

もしかすると、同僚はあなたが持っていない知識、経験や見識を持っていて、その意見を聞けば間違いを防ぎ、自分だけでは考えつかなかったような革新的な解決策を発見できるかもしれません。

まずは、あなたが謙虚になり協力する意思を示すことが大事です。

自分のやり方を強制していては、あなたと一緒に働きたいと思う人はどんどん減ってしまいますよ!

質問してみること

あれこれと質問をしないことが同僚のためだと思っているかもしれませんが、それは間違いです。

質問しなかったせいで仕事が失敗に終わってしまっては同僚にとっては迷惑でしかありません。

あなたが理解できないことがあれば、自分からどんどん助けを求めてみましょう。

後で大変な尻拭いをさせられるよりよほどましです。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」です。

[聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥]
知らないことを人に聞くのは、そのときは恥ずかしいと思っても、聞かなければ一生知らまま過ごすことになるので、そのほうが恥ずかしい。 知らないことを恥ずかしがったり知ったかぶったりせずに、素直に聞いて学ぶべきだという教え。 「一時の恥」は「一旦の」ともいう。

同僚と友情を育むこと

自分を全く相手にしてくれない人とは一緒にいたがる人はいませんよね。あなただってそうだと思います。

同僚があなたとコミュニケーションを取ろうとしているのにそれに応えなければ、友達はなかなかできません。

「冷たい態度を取っていれば、職場には大きな緊張感が生まれる」そのことを忘れないようにしましょう。

同僚と距離を置くのではなく、職場で友情を育む時間を短時間でも持つようにしましょう。

批判だけしないこと、解決策を提示する

あなたは同僚の成果につい口を出ししていませんか?

意見を求められたときに回答するのは有益ですが、批判するときは必ず「〇〇良くないので、××を試してはどうでしょう」のように提案も述べるようにしましょう。

批判された人は大きな不満を持つようになります。提案を加えることで感謝が生まれます。

会議ばかりしたがらないこと

「その会議、重要ですか?」

誰にとっても時間は貴重なもの。その貴重な時間を無駄にすることほど同僚に嫌われる行為はありません。

メールで解決できるのにわざわざ同僚の時間を奪って会議を開くなんてことはしないことに越したことはありません。

極力、会議の数を減らして同僚の時間を尊重すれば不満は劇的に減るでしょう。数を減らせなければ時間を短くする工夫をしましょう。

悲観的な態度をとらないこと

あなたは悲観的な人間ですか?

悲観的な人のそばにいたがる人はいないものです。悲観は感染するのです。

悲観的な態度は有害な職場環境を作り出し、生産性と幸福度が伸び悩む原因にもなります。

職場で頻繁にネガティブな発言をして同僚を不快にさせ全員の足を引っ張るよりも、どのような状況にも良いところを見出すようにしましょう。

幸せは、悲観的な空気と同じくらい周りに大きな影響をもたらします。ポジティブな空気を広げれば、職場全員の気分を改善できます。

進歩よりも既存のプロセスを重視すること

プロセスは確かに大事です。

しかし、それを重視するあまり、口うるさくはなっていませんか?うるさく追及すれば、逆に創造性を抑え込んでしまいます。

歴史上重要なイノベーションの多くは、過去に固執することではなく、既存のプロセスを一新することにより生まれたものです。

「変化なしに進歩することは不可能」

既存のプロセスを重視し過ぎて、進歩することを忘れないようにしましょう。

自分の利益ばかりを考えないこと

自分の利益だけを考えているときは周りの人にもそれが分かってしまいます。

現在、労働力の大部分を占めるミレニアル世代の94%は大義のために働きたいと思っています。

自己中心的な態度を取れば、同僚は離れ仕事もうまく行かなくなります。

自分以外のことまで考えるようにすれば、職場や世界に良い影響を与えられるでしょう。

まとめ

悪い癖を直せば周りと良い関係が築ける上、より幸福で生産的な人になれます。

同僚としてより良い存在になれば職場の全員の利益にもなるのです。

是非、明日からでも実践してみてください。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*