ヴェポライザー(HERBSTICK ECO)を3か月使ってみた感想

愛煙家とまでは言えない筆者ですが、ずーっと吸っていた紙巻たばこから流行りのglo(アイコスでないところが素敵←自画自賛)に変え、その後ヴェポライザー(HERBSTICK ECO)を使うようになって早3か月が過ぎたので、ヴェポライザーを考えている方の参考になればと思い、コスト面や機能面、良いこと悪いことについて使ってみた感想を率直にご報告します。

これが購入したHERBSTICK ECO

購入した時の値段は、税込み4,980円でしたが、現在は値下がりしているようですね!

Amazonで購入し2日後には早速商品が到着しました。さすがAmazon Prime!早いですね!

ワクワク感の中、早速速開封!

そして電源ボタンON~!

が、なんということでしょう...電源が入らない...

もしかしてバッテリー切れ?と思い、付属の充電ケーブルをつなぐも電源ランプが点灯せず...

ちょっと分解してみようかと思ったのですが、どこをどうやっても分解できず...

というわけで、早速販売元にメールで電源が入らないことを伝えたところ、翌日には「別の商品を送るので故障品は廃棄してください」とメールで連絡がありました。

180日間保証だったのですが、初期不良ということですぐに対応していただけたのはとてもよかったです。

そういえば、以前、Amazonでスーツケースを買った時もファスナーが壊れていて、販売元に連絡したらすぐに代わりの商品を送ってくれたなぁ。

その時は、壊れていたところの写真を送ったりちょっと面倒でしたが...

Amazonは対応をしっかりやっていただけるお店が多いのが安心ですね。

話しが逸れましたが、結局注文してから一週間後ぐらいに手元にヴェポライザーが届きました。

やれやれ...



[180日保証] HERBSTICK ECO 正規品 ハーブスティック エコ スターターキット 日本語説明書付き オリジナルセット ヴェポライザー 電子タバコ (ブラック)
 

KAMIKAZE MENTHOL(カミカゼ スーパーハードメンソール)

事前の調査で、リキッドを使うと味がマイルドになって美味しいという話があったので、物は試しでリキッドも合わせて購入しました。

これが、ヴェポライザーと一緒に購入したリキッド、KAMIKAZE MENTHOL(カミカゼ スーパーハードメンソール)

なぜメンソールって?それは筆者がメンソール好きだからです!それだけ!

このリキッドがメンソールでは一番人気のようですよ。確かにメンソールが強い!



電子タバコ KAMIKAZE スーパーハードメンソール 15ml
 

BI-SOグリーンアップルメンソール

ちなみに、一番人気のリキッドである、「BI-SO (ビソー) 15ml リキッド 国産 濃厚 電子タバコ (グリーンアップルメンソール)」も一緒に購入しました。

こちらは、商品名のとおり青りんごの香り。

スッキリ感はありますが、やはりたばこに果実の香りは...筆者にはちょっと向かないようです。

ただ、時々使ってみて気分を変えてます。が、いまだにしっかし残量はありますが...(笑)



BI-SO (ビソー) 15ml リキッド 国産 濃厚 電子タバコ (グリーンアップルメンソール)
 

KAMIKAZE MENTHOL(カミカゼ メンソール)

別のリキッドも試してみたくなり、近所のドン・キホーテに行ったらリキッドが山ほど売っていたので、その中からKAMIKAZE MENTHOL(カミカゼ メンソール)を購入!

写真のものは15mlですが、ドン・キホーテでも売っていて...

で、980円だったので「あら、安い!」と思って良く見たら10mlのものでした。中味が少ないのね...

結局は、Amazonで買った方が安いです!郵送料がかからない場合に限りますが...



KAMIKAZE E-JUICE 人気ナンバーワン! / ニコチン無し 国産 電子タバコ リキッド (MENTHOL 3pcs)
 

シャグ(たばこ葉)

※たばこの葉のことを「シャグ」といいます。っていうか、筆者もヴェポライザーを購入する時に初めて知ったんですけどね...恥ずかしい。

コルツ・クリアメンソール

ヴェポライザーは初めて使うので、シャグは何を選んだらよいのかさっぱりわからず。

種類はどんなものがあるのか、どんな味や風味なのかもわからず途方に暮れていました。

というか、シャグ自体を見たことがない...

そこで頼りになるのがGoogle先生!早速聞いてみたところ、メンソール系ではコルツクリアメンソールというシャグの人気が高いようです。

このシャグは、しっかりたばこの香りもするし、メンソール感もあるので個人的にはおすすめです。

ただし、筆者のように強いメンソールをお好みの方は、リキッドを使うとさらにいい感じです!

紙巻たばこのメンソールに近い吸い心地ですよ!


コルツ・クリアメンソール(40g)5個セット【手巻きたばこ】

チョイス・ダブルメンソール

別のメンソール系のシャグも試してみたくなり購入したのが、チョイス・ダブルメンソール!

こちらは、先のコルツ・クリアメンソールよりメンソール感が若干強いです。しかし、たばこ感が少々足りない感じが...



シャグ用刻み葉  チョイス・ダブルメンソール 手巻きたばこ Mac Baren[デンマーク産]
 

コルツ・グリーンティ

メンソール以外でも試してみたくなり、次に購入したのがコルツ・グリーンティ

グリーンティというので日本の緑茶をイメージしましたが、ほぼ紅茶の香りに近い感じです。

筆者はもちろん、メンソールのリキッド垂らして吸っていますが...

だったらグリーンティを買う必要ないじゃん!って声も聞こえますが、メンソール以外のシャグにメンソールのリキッドを使って試してみたかったんです。

紅茶の香りにメンソールのリキッド、これもまた、なかなかいい感じです!



コルツ・グリーンティー(40g)5個セット【手巻きたばこ】
 

ところでシャグってどこで買える?

さて問題。シャグってどこで買えますか?

そんじょそこらのタバコ屋さんでは買えませんよ!

たばこ専門店とかしか売っていないようです!

筆者はどうやって手に入れた?

実は、偶然、近所のコンビニで売ってたんです!すげーラッキー!

シャグを売っているお店ってほんと少ないんですよね。探してみるとわかると思いますが。

近所に販売店があってほんとラッキーでした!

気になるコスト面は?

気になるのがコストですよね?

筆者の場合、ヘビースモーカーではないので、ヴェポライザーで1日10回から15回程度吸いますが、シャグひと袋で1ヶ月ぐらい持ちます。

なので、たばこ代は月1,000程度かな。

紙巻たばこの時は、1日ひと箱だったので、420円✖31日で13,000円ぐらいかかってました。それが1,000円ですから!

なんとひと月マイナス12,000円!すごくないですか?

ひと月でヴェポライザー購入分のもとを十分取った感じです!

今は、財布を開かない日もあるぐらいです。

紙巻たばこの時は最低でも420円使ってましたから驚くほど財布の中身が減りません!

ちなみに、一日ひと箱すってたのに、なんで10回から15回しか吸わない?

そうですよね、不思議ですよね?

実はHERBSTICK ECOは、1回あたり10分程度吸えるんです。

アイコスやgloはもっと短いでしょ?

だから、10回から15回程度で済むんです!

使い勝手は?

シャグ詰めが面倒

ヴェポライザーは、使うごとにシャグを詰め、吸い終わったら取り出す作業が必要になります。

昔懐かし「キセル」のようなものです。

一度吸ったシャグを二度使う方もいるようですが、たばこの香りというか味が飛んでしまうので個人的には一回だけの使用がベターだと思います。

そのシャグを詰めるのが結構面倒なんですよね...

自宅でヴェポライザーを使う時は、キセル気分でのんびりとシャグを詰めて、ぷか~と一服...とできるのですが、外出先だとそうはいきません。

ヴェポライザーを片手にシャグを詰めるのって結構人目をひきますしね。

それに、筆者が使っているヴェポライザー(HERBSTICK ECO)はちょっと大きいのでさらに人目をひいてしまいます。

その人目の中でシャグを詰める...というのは結構恥ずかしいし面倒なんですよね。時間もかかりますし。

ヴェポライザーの種類によっては、あらかじめシャグを詰めておくカートリッジが使えるものもあるのですが、HERBSTICK ECOはそれが使えないので都度シャグを詰める必要があるんです。

そこが使い勝手が悪いところですね!

シャグが乾燥する

シャグは、売っている状態では袋に入っているのですが、開封し使い始めるとどうしても乾燥してしまいます。

乾燥するとパッサパサになってしまい、味も風味も損なってしまうので、加湿を行った方がおいしく吸うことができます。

専用の加湿用の道具(ヒュミドール)もあるのですが、筆者の場合は、SDカードケースの上蓋に虫ピンで穴を10個程度空け、中に湿らせたティッシュを詰めてひと晩密封ボックスに入れておきます。

翌日にはちょうど良い湿り気になってますよ!これ、結構おすすめです。

世間ではいろんな方法で加湿されているようですが、個人的にはSDカードケースが一番いいかなぁ!

ちなみに、ヒュミドールってこんな感じです。



柘製作所(tsuge) ヒュミドール・アルミ・ブラック #77609
 

バッテリーの持ちが悪い

それと、バッテリーの持ちが悪いかなぁ。

ヴェポライザーはシャグを熱する温度を自分で設定することができます。

HERBSTICK ECOの場合は、ボタンを二度押すことで温度を変えることができ、設定された温度はボタンの色でわかります。

シアン:169度以下
ブルー:170~179度
グリーン:180~189度
パープル:190~199度
イエロー:200~209度
レッド:210度以上

筆者はグリーン(180~189度)を好んで選んでいます。

温度が高いほど、喉のキック感が強くなりイガラっぽくなります。

また、温度が高ければ高いほど当然にバッテリーを消耗します。

グリーンで使っていても、10回程度しか使うことはできません。

今は携帯用バッテリーがあるので、外出先でバッテリーが少なくなってきたら充電すれば済む話なので、まぁ、それほど気にしなくてもいいですかね。

荷物が増える

紙巻たばこの場合は、たばことライターがあれば良かったのですが、ヴェポライザーの場合は、本体+シャグ+リキッド+ピンセットが必要になるので、一式をポーチなどに入れて持ち運ぶ必要があります。

特にシャグは、袋に入って売られているんですが、その袋ごと持ち運ぶか、または100均などで売っている密封ボックス(キッチン用品)に詰め替えて持ち運ぶ必要があります。

筆者は、シャグを100均で売っている密封ボックスに入れ替えて使っていますが、それを持ち運ぶには大き過ぎるので、これまた100均で売っている小さな密封ボックスを詰め替え用として持ち運んでいます。

小さくても最低10回以上吸える分のシャグは入りますのでこれは便利ですよ。

紙巻たばこのように胸ポケットにたばことライターを入れて...というわけにはいかないのがヴェポライザーです。

見た目が...

筆者が使っているのはHERBSTICK ECOですが、色が黒なので、まるでマジックペン(マーキー)を持っているようにも見えてしまいます(笑)。

少し離れたところから見たら、マーキーをくわえているように見えてしまいます。

それと、周りがgloやアイコスなので、「こいつ何を吸ってるんだ?」って目で見られちゃいます。

それに耐えうる精神の持ち主であれば、外出先でヴェポライザーを満喫できると思います。

ちなみに、筆者は結構気にせず外で吸ってますよ!イエーイ!

良いところは?

コスト面については先ほど言いましたのでそちらをご覧くださいね!

紙巻たばこも吸える

HERBSTICK ECOは、実は紙巻たばこを切って使うことができるんです。

紙巻たばこ1本をハサミで4等分して、そのひとつをヴェポライザーに詰めてあとは吸うだけ。

吸い終わったらピンセットで抜き取って灰皿にポイ!簡単でしょ?

それに、紙巻たばこ1本で4回吸えるんですから、たばこ代が1/4で済んじゃいます。

たばこ代がひと月3,000円ちょっとっていう感じですね!

吸いなれたタバコが吸えて、さらにコストを抑えられる!

ただ、紙巻たばこを詰めて吸うと、少しイガラっぽいんです。伝わりますか?

喉がイガイガするんですよね。

リキッドを入れればかなりマイルドになるんですが、紙巻たばこって防腐剤とかいろんなものが混じってるじゃないですか。

その関係からなのか、結構喉にきます。

そこは気になるところかな。

筆者も最初の頃は、吸いなれた紙巻たばこを切ってヴェポライザーで吸っていたんですが、あのイガラッぽさには勝てずにシャグに変えました。

値段が安い

gloやアイコスと比べて本体の値段が安いところが魅力です。

今は4,000円未満で買えますよね。

シャグの種類が多い

gloやアイコスは吸えるたばこの種類が決まっていますが、ヴェポライザーの場合はかなりの種類のシャグがあります。

値段はほとんどが紙巻たばこ2個から3個程度。

紙巻たばことは全く違った種類のシャグが楽しめるのもヴェポライザーの良いところだと思います。

近いうちに、葉巻風のシャグを試してみようかとも思っています。

連続して据えて時間も長い

HERBSTICK ECOは、gloやアイコスと違って、吸える時間が長いんです。

最長約10分ぐらいかな。

それだけ長く吸えるので、一日で吸う回数が減っちゃうんですねぇ。

それと、gloのように連続して吸うことができるのもポイント高ですね!

 

とりあえず、そんな感じかな。

なんか「良いところ」よりも「気になるところ」の方が多い気がしますね...

でも個人的にはヴェポライザーおすすめです!かなりいいですよ!

この記事がヴェポライザーが気になっている方の少しでも参考になれば幸いです。

補足

現在、新たなヴェポライザー購入を検討しています。

それはこれ!FENIX MNI!

HERBSTICK ECOと違ってサイズが小さい!ただ、吸える時間が3分と短い...

もし購入したらレビューを書きますね!

 

FENIX MNI

FENIX MNI


【最新モデル】(正規輸入品) WEECKE Fenix mini スターターキット (電子タバコ/葉タバコ専用/ヴェポライザー) 3ヶ月メーカー保証付き

追記

2018-06-25 XMAX STARRY

ちょっと気になるヴェポライザーを見つけたので書いておきます!

そのヴェポライザーは、「 XMAX STARRY」なるもの!

下の写真は上から順に楽天、amazon、amazonで売っているものです。

今日の価格では、送料込みで9800円なり!うーん、まだちょっと高いなぁ...。

せめて5000円ぐらいだったら即買いなんだけど...

このヴェポライザーの特徴は、コンダクション方式でかつ「ちっちゃい」ところ!

さらにバッテリー交換ができるということ!  ←これ結構大事かも!

さらにさらに、チャンバー(シャグを熱するところ)がセラミックなんです!(セラミックはうまい!と聞くけど、拙者、違いがあまりわからない...)

ちなみに、シャグの熱し方にはコンダクション方式とコンベクション方式(名前が似てる)があって、XMAX STARRYは前者のコンダクション方式。

何が違うかというと、コンダクションは直接熱をタバコの葉に伝導させて熱して成分を気化させるタイプであるのに対し、コンベクション方式というのは高温の温風を対流させてタバコの葉を熱するものです。

つまり、タバコらしい!ということ(だと思います)。

それに大きさが100円ライターよりちょっと大きいくらい!ちっちゃいでしょ!

吸える時間は、5分と10分で選ぶことができるようです。

それに、マウスピースが薄くて吸いやすそうなんですよ!使い終えたら回転させて本体にしまうことができるから邪魔にならない!

うーん、いいことづくめ!(ただし価格を除いては...)

私はgloとヴェポライザーを持ってますが、現在は外出時以外はずーっとヴェポライザーです。

外出する時にシャグの詰め替えは面倒ですからね...

でも、ヴェポライザーを使い始めたらやめられませんよ!だって、前にも書きましたが、月のたばこ代が1000円程度なんですから!

最近は、財布を使わない日が多くなったこと多くなったこと(しかし、お金はたまらない...)

ということで、XMAX STARRYがもう少し値段が安くなったら購入してみたいと思う一品でした!

ヴェポライザーをお考え中の方のご参考になれば幸いです。

XMAX STARRY

XMAX STARRY


XMAX STARRY エックスマックス スターリー ベポライザー 電池交換式ヴェポライザー Vaporizer (葉タバコ) 次世代加熱式電子タバコ 新型マグネット式 喫煙具

XMAX STARRY

XMAX STARRY


【最新モデル】XMAX STARRY 電池交換式 次世代加熱式タバコ ヴェポライザー 市販のタバコを加熱して吸える スタイリッシュデザイン 液晶付き スターリー 正規輸入品 90日メーカー保証付き

XMAX STARRY

XMAX STARRY


【最新式バージョン】XMAX STARRY POTV LIMITED 電池交換式 革新的加熱式タバコ ヴェポライザー アイコス グロー 紙巻タバコを加熱して吸える おしゃれなデザイン LCD画面付き スターリー 正規輸入品 3ヶ月メーカー保証付き (Black)

 

 

お時間のある方は

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

コメントを残す

*