ニトリのビーズクッションがヘタった!簡単に補充できちゃったというお話し

スポンサーリンク

1年ほど愛用しているニトリのビーズクッションがかなりヘタってきたのでビーズを補充することに。事前にネットで方法などを調べたところ、かなりご苦労されている方が多かったので覚悟を決めて補充をしてみたら、あらら、意外に簡単なのね!ということで顛末をご紹介。

まずは、補充用ビーズを購入

ニトリで買ったビーズクッションなので、「補充用ビーズもニトリで売っているだろう!」という安易な考えのもと、事前に調べもせず早速近所のニトリへGO。

安易な考えだった割には予想通りちゃんとありました補充用ビーズ。さすがニトリさん!

お値段は、925円+74円(消費税)で合計999円。1,000円支払って1円のお釣り。

1,000円を切って999円というのが心をくすぐります。さすがです。

お釣りの1円を大切に財布にしまい、そそくさと帰宅。

 

ニトリで買った補充用ビーズ

ニトリで購入した999円の補充用ビーズ

 

まずは、場所の確保

ビーズを補充するには、作業場所が必要ですね!

事前にビーズの補充方法についていろいろと調べたところ、補充の際にかなりのビーズが巻き散らかってしまうということだったので、部屋の中ではなく廊下を選択。

廊下であれば周りに何もないので少々ビーズをまき散らしても掃除機で簡単に吸えるので安心ですよね!

また、もし巻き散らかしてもすぐにビーズを吸えるように近くに掃除機もしっかり準備!

用意したもの

・ラップの芯:1個

・養生用テープ

まずは、補充用ビーズに同梱されていたマニュアルにも書いてありますが、「ラップの芯、または厚紙を丸めて、ビーズをクッションに入れやすくする」と書いてあったので、あちこち家中を探し回ってラップの芯をひとつ発見!今回は厚紙ではなくラップの芯をチョイス!

 

ビーズ補充用マニュアル

ビーズ補充用マニュアル

 

それと、ビーズが漏れないように、クッション・ラップの芯・補充用ビーズをそれぞれ密着させるための養生テープ ← ここがポイント!

クッションとラップの芯、それに補充用ビーズをつなげたのが下の写真です。

養生用テープで、ビーズが漏れないようしっかりと密着させています。

 

ビーズ詰め替え図

ビーズクッション・ラップの芯・詰め替え用ビーズをつないだ写真

 

ニトリの補充用ビーズは、作業がしやすいよう補充口がついていて、これが実に便利。

また、素材も布製なので静電気も起きにくい!

よく考えられています!

 

詰め替え用ビーズのつなぎ口

使いやすい詰め替え用ビーズの補充口

 

いざ、補充開始

事前の調査では、静電気の影響でビーズがクッションの中に入りにくくかなり苦労するとのことだったので、物は試しということで、詰め替え用ビーズの入った袋を持ち上げてみた!

すると、

なんということでしょう?

「サラサラサラ...」とビーズが流れ落ちていく音が...

ん?ビーズが流れてる?

そんなバカな...

袋の中が少しだけ透けて見えるので、とりあえずビーズの残量を確認。

するとどうでしょう!

詰まることもなくビーズがサラサラと順調にクッションの中に入っていくではないですかぁ!!!

詰め替え用ビーズの入った袋を少し揺らしながら、入れること2~3分。

あっという間に補充完了!

それに、ビーズも全くまき散らすことなし!

あれ?予想外にすんなり?

っていうか超簡単?

まとめ

ということで、予想に反してビーズの補充があっという間に完了しました!

ひと袋では補充が足りなかったので、さらにひと袋追加し、合計ふた袋を補充しました。

これで、買った時のふんわり感を完全に取り戻しました!

ニトリのビーズクッションをお使いの方で、すこしヘタってきたなぁと思ったら、早速ビーズを補充をしてみましょう!

驚くほど簡単に、そして短時間で使い心地の良いクッションが完全復活しますよ!

以上、ビーズの補充をお考えの方のお役に立てれば幸いです!

 

お時間のある方に

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*