働き方改革 副業・兼業について考えてみる

スポンサーリンク

日本人材機構はこのほど、「首都圏管理職の就業意識調査」の結果を発表した。調査期間は2017年10月5~16日、調査対象は1都3県に在住し東京都に勤務している35~65歳の正社員管理職(課長職以上)、有効回答は1,642人。
この結果をきっかけに副業について考えてみましょう。

「副業・兼業」のイメージは「小遣い稼ぎ」

勤務先の会社で副業・兼業が許された場合、それらに取り組むことができるかとの問いに、

52%:できる

と回答がありました。

また、時間ができた場合に副業・兼業を選択すると答えた割合は、

平日:6%
休日:5%

という結果となっています。

「副業・兼業」と聞いて思い浮かぶもの

「アルバイト系」「ネットビジネス」などが上位を占め、本業とは無関係のいわゆる「小遣い稼ぎ」的に考える人が多いという結果がでています。

このようなことから、「政府が推進する「新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、第2の人生の準備」(2017年「働き方改革実行計画」)のための副業・兼業のイメージは浸透していない」ことが明らかとなりました。

ただし、「月に1~2度、休日を使って自分の力を発揮して地方企業の業務を支援」と具体例を明示した場合、60%が「やってみたいと思う」と回答しています。

自分らしく働くために必要な要素

・仕事の内容:74%

・給与・待遇:66%

・やりがい・達成感:62%

圧倒的に多いのが上記3項目です。

働き方改革においても注目される「副業」。

副収入が得られることに加え、スキル・経験の幅を広げられるメリットもあります。

同時にまだまだ推奨している企業は少ないという現実もあります。

それでは、一体どういった企業が副業を認めているのか、また、 その背景には何があるのかをまとめてみました。

ベンチャーで進む「副業推奨」の流れ

働き方改革においても関心が高まる「副業」。

ここ最近では、複数の仕事を本業として捉えていく「複業」や、仕事以外にも活動の場を持つ「パラレルキャリア」への関心も高まっています。

とくにベンチャー、Web・IT企業において副業を認める、または推奨をするというケースも増えてきました。

たとえば、フリマアプリで知られる『メルカリ』や、「社内のコミュニケーション活性化」をテーマにソフトウェアを提供する『サイボウズ』は副業を推奨する企業として知られています。

とてもユニークなケースとしては、副業禁止ならぬ「専業禁止」を謳う企業もあります。

オンラインショッピング事業を手がけるエンファクトリーでは「社員の半数以上が、別の働き口を持っている」というから驚きです。

特にベンチャーでは優秀な人材を確保する、多様な価値観、柔軟なワークスタイルを取り入れることで組織力をあげていく狙いが見て取れます。

社員の副業は、企業にとってもメリットがあるか

社員の副業を認めた場合、企業側にメリットがあるかどうかを考えてみたいと思います。

企業側のメリットとして考えられるのは、

・採用活動においてアドバンテージとなる

・柔軟な働き方をしたい優秀な社員の活躍・定着を図る

・他社で得たノウハウや知識を自社に活かしてもらう

といった点が挙げられます。

他社と比べたとき「柔軟な働き方ができる」というのは採用上のアドバンテージになるはずです。

また、優秀な人材であればあるほど「新しい仕事に挑戦したい」「さまざまなシーンで自分の能力を活かしたい」という思いも強くなります。

企業としては、さらなる活躍のフィールドが自社になかった場合、成長の機会を社員に提供できる。さらに他社で得たスキル・ノウハウを自社で活かしてもらえたら、ウィンウィンの関係となるということが考えられます。

もちろん企業としてメリットばかりではありません。

たとえば、労務上における管理をどのように行なうのか。

また自社の仕事に深くコミットしてもらうためにどうするか。

仮に、自社の仕事に関わる時間が減少した場合、期待するパフォーマンスを発揮してもらえるか。

マネジメント観点からいえば様々な課題もあります。

企業側が副業をなぜ推奨するのか。どういった狙いがあり、何を期待されているのか。その内情は企業によってさまざまです。

ここは副業や転職する側としても、面接などを通じて知っておいたほうがいいポイントでしょう。

どのように「副業」を捉えるか。問われる能力と考え方

いかにキャリアの可能性を広げていくか、スキルを磨いていくか...

終身雇用が過去のものとなった今、特にこれからの時代を生きる若手にとって大きな関心となっています。

・現在働く会社でのみ通用するスキルではなく、時代の変化に対応していく。

・さまざまな場所で働き、能力を高める。

これも選択肢のひとつです。

ただ、やみくもに「複数のわらじ」を履くことがいいかどうか、自身のスキル・キャリアに照らし合わせ、慎重に考えていく必要もあります。

たとえば、現職で全く結果を出せていないなか、副業をした時、果たして活躍ができるだろうか。どちらも中途半端になってしまうリスクもあります。

・まずは目の前の仕事において、周囲から信頼を得られるだけの結果を残す。

・そしてさらなる成長を求めていく。

副業を推奨する会社に共通しているのも、プロセスや労働時間ではなく、成果・パフォーマンスを重視するというものです。

一流の人材を目指すスタンスが求められるといえます。

副業はイメージが悪い

副業には日本特有の課題もあります。

日本人は真面目でモラルがあるため、「副業なんてしないで、本業を一生懸命にやるべきだ」という考え方が強くあります。

実際に、人に「副業をやってみようと思うんだけど」と言えば、ほぼ間違いなく「やめたほうがいい」と言われるはずです。

ただ、昔は、「社員は会社のために」という想いで、仕事を一生懸命にやっていましたし、給料も右肩上がりで上がっていきました。

また、会社側も、「終身雇用」を約束している時代もありました。

しかし、現在は状況が違います。

大手企業もリストラするような時代であり、会社が一生守ってくれるわけではありません。

しかも、サラリーマンの平均給料は、緩やかに下がっている状況です。

年を重ねても、毎月の給料は、なかなか上がらないような時代になっています。

だから、昔は、イメージが悪かった「副業」ですが、現在は、かなり状況は変わってきたように思います。

その証拠に、副業をしている人はどんどん増えていますし、副業に対する印象も、昔ほど悪くはないように思えます。

副業をやるときは、人に言わない方が良い

ただ、それでも、副業をやるときは、人には言わないほうが良いと思います。

前述のとおり、人に言っても「やめたほうがいい」と言われるだけですし、印象も良いものではないからです。

特に、本業を行っているサラリーマンの人は、副業をやっていることを人に言うとすぐに広まりますし、「副業をやってないで、本業を頑張ってやれ」という感じで見られてしまう可能性が非常に高いので、絶対に言わないほうが良いです。

友人が言ってました。内緒でネット副業をして、実際にネット副業で収入を得られるようになってから、妻に副業をしていることを伝えたら、「頑張ってね」と、とても応援してくれると。

もし、収入を得られる前に妻に伝えていたら間違いなく反対されていたでしょう。

人は、結果が出ていないものは否定するし、結果が少しでも出ていると応援してくれるようになります。しかし、応援してくれる人よりもはるかに多くの人が嫌味や陰口をいいますが。

だから、基本的には、副業をやっていることは人には言わないほうが良いですし、言わなければいけない人(配偶者など)には、結果が出たら伝えるというのも大事なことです。

副業は、「本業があっての副業」

副業のデメリットとして、これは必ず考えておかなければいけないことがあります。

副業によっては、本業に影響が出てしまう可能性があるということです。

副業というのは、あくまで、「本業があっての副業」です。

メインとして考えなければいけないのは本業の方ですし、給料をもらっている以上、本業に影響が出てしまうのは良くありません。

だから、そういう意味では、自分の時間をお金に換える副業(アルバイトなど)はおすすめしません。

本業をやっていると、自分が自由に使える時間は限られるため、その限られた時間で時間が拘束されるアルバイト(副業)をすると体が疲れてしまうからです。

そうなると、眠くなったり、本業に影響が出てしまう可能性が高くなります。

また、副業で「内職」を選んだとしても、内職には、「いつまでにやらなければいけない」という納期があるものの方が圧倒的に多いのが実情です。

そのため、人によっては、徹夜でやる人もいるくらいです。

にも関わらず、内職の時給は150円から450円程度。とても割に合いませんし、本業を持っていたら続けることはできないと思います。

副業をやるなら、インターネットを使った副業が良い

副業をやるのであれば、インターネットを使った副業(ネット副業)が最善の選択肢だと思います。

ネット副業であれば、勤務時間や勤務日などがないので、自分の空いている時間で自由に行うことができるからです。

もちろん、ネット副業には、すぐに収入を得ることができないというデメリットはあるのですが、空いている時間で、自分のペースでできることは大きなメリットだと思います。

他の副業と違って、自分の時間が拘束されないので、空いている時間で無理なくできるのがネット副業の特徴です。

ちなみに、ネット副業の場合、時間がありすぎると逆にできないような気もします。

たとえば、ホームページに掲載する文章を書く作業も、丸一日かけて作業をするよりも1時間くらい集中して行ったほうが良い文章が書けたりします。

人によるのかもしれませんが、短い時間で集中して文章を書いたりホームページを作ったほうが良いものが作れることはよくあります。

ただし、インターネットを使った副業もそうそう簡単ではないことをしっかりと認識する必要があることを忘れないでください。

結局

副業には、「人からあまりよく思われない」や、「副業によっては、本業に影響が出る可能性がある」というデメリットはありますが、ただ、昔のように、給料が右肩上がりで増えて会社があなたを守ってくれるような時代ではなくなってきました。

給料がなかなか上がらず、将来の安泰が約束されているわけではないのですから、本業という1つの収入源に頼らないで、複数の収入源を持つことは大切なことだと思います。

複数の収入源を持つと、将来のリスク回避になり、自分の人生を自分で選べるようになるので、副業にはデメリットもありますけど、 それ以上に、素晴らしいメリットもあるので、自分や家族を幸せにする選択肢の1つとして考えてみるのも良いと思います。

以上、何かのお役に立てれば。

働き方改革にはシステムが必要 おすすめはAnchor(アンカー)

時間のある方は

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*