トイレ掃除の正解はこれだ!ってどれくらいの頻度でやればいい?

スポンサーリンク

きれいなトイレは気持ちの良いものですよね!トイレには神様がいるとも言われてますし。では問題です。トイレを常にきれいな状態で維持するにはどれくらいの頻度で掃除すればいいのでしょうか?

トイレ掃除の頻度や、汚れの発生についてご紹介。汚れと時間の関係を知って、トイレを効率よくお手入れしましょう。

神様がきっと見てますよ!

ピンク色の汚れや黒ずみ汚れは、バクテリアやカビが原因

ピンク色の汚れや黒ずみの原因は、水道水や空気中に微量に含まれているバクテリア(細菌)やカビ(真菌)です。

これらは人間に害を及ぼすことはあまりありませんが、湿度・温度・栄養の3つの条件を満たすとあっというまに繁殖し、目に見える汚れになってしまいます。

トイレは尿や便の汚れが付着するので、カビにとっての栄養が豊富なうえ、周囲に水分もあるため、バクテリアやカビが増殖しやすい環境になっているのです。

ピンク色の汚れはバクテリアが繁殖し、バイオフィルムと呼ばれるぬめりを形成した状態です。

黒ずみはカビが栄養を取り込んで増殖し、目に見える状態になったものです。

どちらも日頃のお手入れで簡単に落とすことができるので、こまめな掃除を心がけましょう。

「さっと掃除」をこまめにやるのが吉

毎日使うところだからこそ、きれいにしておきたいトイレですが、使っているうちにうっかり汚してしまうこともありますよね。

そういうときは、ちょっとの汚れだからと放置せずに、ウェットペーパーなどでさっと拭き取ってしまいましょう。

汚れは時間が経てば経つほど落としづらくなるもの。

トイレを掃除する人に任せてしまうのではなく、汚したら自分で拭くことを徹底すると、きれいな状態が長持ちします。

みんなが使うトイレですから、みんなできれいにしていきましょう。

お手入れは週に一回が基本

目に見える汚れならその場できれいにできますが、飛び散った尿やすき間に入り込んだ汚れなどは、日々のお手入れではなかなか掃除しづらいところです。

見えない場所だからといって長期間放置していると、溜まってこびりついた汚れはどんどん落としにくくなり、悪臭の原因にもなってしまいます。

トイレ掃除を楽に済ませたいなら、週に一回はトイレ全体をお手入れしましょう。

汚れがこびりつく前に掃除してしまえば、強力な洗剤は必要ありません。水拭きなどの簡単なお手入れで、トイレをピカピカにすることができますよ。

きれいなトイレで気持ちの良い一日をスタートしましょう!

お時間のある方に

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*