あなたは大丈夫ですか? 自分では気づかない問題社員10の兆候

スポンサーリンク

自分を客観的に評価することは難しいものです。 実際、あなたのパフォーマンスは低いかもしれない。そして、そのことに気づいていないかもしれない。もし、これから紹介する兆候がいくつか当てはまるなら、もっと自分に合う仕事を探した方が良いかもしれませんよ。

あなたはオフィスで“問題社員”になっていないだろうか?

問題社員であることは、あなたがダメな人間で、怠惰で、プロとして成功さえできないことを意味するわけではありません。社風と合わないのかもしれないし、あなたの気質がボスと合っていないのかもしれません。もしかすると間違った業界にいるのかもしれません。

もし良い仕事ができていないと思うなら、その理由を考えてみることが重要です。状況を変えてみるのもひとつの方法です。

ですが、、その前に自分が問題社員なのかどうか判断してみましょう。

以下の兆候があればあなたに問題ありかも!

時間や締め切りにルーズ

いつも言い訳をしている

ここでことわざを紹介しましょう。ラテン語で「言い訳をすることは、自分を批判すること」

最低限のことしかしない

その仕事の進め方では、あなたの評価を傷つけるリスクが大いにあります。

ゴシップが大好き

ゴシップが100%悪いわけではありませんが、あなたの評判を傷つける可能性は高いです。

自分が一番“デキる”と考える

自信を持つのは良いことです。しかし傲慢な同僚と仕事をしたい人はいないでしょう。能力を抑える必要はありませんが、見せつけるのは控えめにした方が良いです。

会社のミッションや価値を信じていない

会社の目標をばかげたものと考えていませんか?経営者を間抜けだと思っていませんか?。

本当にそうなのか、それは判断できませんが、たぶんあなたは正しいのでしょう。だとしたら時間を無駄にするのではなく、他の仕事を探した方が良いです。

同僚より明らかに生産性が低い

退社時間のことばかり考えている

いろいろなチャンスを逃している

会社の誰とも仲良くしない

さて、あなたはどうですか?

お時間のある方に

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*