絶対に男性が喜ぶデート前後のモテLINE4つの方法

スポンサーリンク

デート前や終わった後に女性からLINEが送られてくると、デートを楽しんでくれている感が男性にも伝わります。“この子とデートしてよかった”と感じ、次の機会へとつながりやすくなるでしょう。男性を喜ばせるモテLINEをご紹介します。是非実践してみてください。


まずは、前日に「明日が待ち遠しいです」と送る

デートをすごく楽しみにしていることを、前日にLINEで男性に伝えるのはかなり効果的です。「明日が待ち遠しいです」とか「今からワクワクしてます」なんて言われたら、男性のテンションも高まること間違いなし!

女性が楽しみにしてくれていることを知ったうえでデートに行くと、男性も気合いが入るので、最初からドキドキ感MAXな状態になれます。前日にはダラダラとLINEで長話をせず、あくまでも楽しみにしていることを伝えるだけで終わらせるのがポイントです。

帰ったら「帰宅報告」をする

デートが終わった後に女性から“帰宅報告”のLINEがくると、まるで彼女とLINEをしているかのような感覚になります。

無事にちゃんと家に着いたのかは男性も気になっているものなので、帰宅報告は絶対にしておいた方がいいです。

男性としては、女性がちゃんと家に着いたことが確認できたところで、デートが終わったことを実感できるものです。

それから、デートで「一番楽しかったこと」を伝える

デート後に、LINEでお礼を伝えるのは当然と思うかもしれません。でも、「今日は楽しかったです」とか「今日はありがとう」なんて当たりさわりのない言葉だけだと、社交辞令のように聞こえてしまうことも。

ただお礼を言うだけではなく、“デートの中で一番楽しかったこと”を伝えてあげると、本当に楽しんでいたことが男性にも伝わります。「○○のお話、本当におもしろかったです」などと、より具体的に言ってあげることが重要なポイントです。

最後に、デート中に「言えなかったこと」を伝える

デート中は恥ずかしかったり緊張していたりして、男性に面と向かってはなかなか言えないこともあるでしょう。そういったことを、あとからLINEで伝えてみるのも、ひとつの方法です。

特に、お礼の言葉や褒め言葉は、あとから言われるとうれしさも倍増します。「あの言葉、本当にうれしかったよ」とか「今日のファッション、すごくセンスよかった」なんて、デート後に言われたら、男性も意識せずにはいられません。

デートの前後に女性からLINEがくると、男性としてはうれしいものです。好印象を与えることもできますので、しつこくならない程度に送っておくのがおすすめです。

お時間のある方に

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*