Windows10のPDF作成機能と画面録画機能の使い方

スポンサーリンク

マイクロソフトが提供している、パソコンやタブレット用の、最新のオペレーティングシステムである、Windows10。新しいPCで新しいOSを稼働させると、とても快適にPCを操作する事が出来ます。今までのWindowsOSと異なり、Windows 10は、機能の拡張や改善がWindows Updateにより、無料で行われるのが大きな特徴です。

「Windows 10は、Windowsの最後のバージョンである」とも言われています。

ユーザーインターフェースも、従来のWindows 8.1のModern UI中心のUIから、デスクトップ中心のUIに変更されて、Windows7の時の使いやすさが戻ってきたように感じます。

音声認識アシスタント機能の「Cortana(コルタナ)」は、キーボードの代わりに、音声で文字を入力したり、検索エンジンの情報をもとに、例えば、「今日の天気は?」といった質問に対して、回答を答える事が出来る様になっています。

そんな機能が盛りだくさんのWindows10ですが、今まで市販のソフトや、フリーソフトを利用しなければいけなかったいくつかの機能が、OS標準で利用出来るようになったことはご存知でしょうか?

今回はその機能を二つご案内いたします。

Window10で「PDF」の作成

お客様や社内同士で、ビジネス文章のやり取りを行っていると、ワードやエクセルの文章を「PDF」にしたい事が良くあります。

「PDF」とは、「ポータブル・ドキュメント・フォーマット」の略で、特定の環境に左右されずに、画像や文章を表示出来るフォーマットです。

各種OSに対応した閲覧ソフトが用意されており、特に、ワードやエクセルをそのまま送ると、中身を改変されてしまうような書類(請求書など)を、改変出来ないようにした状態で先方に送って、相手にはそのデータを閲覧してもらう様な用途で、広く普及致しました。

しかし、いざ「PDF」を作成しようとすると、今までは、「Microsoft Office」のPDF作成機能を利用するか、市販かフリーソフトのPDF作成ソフトを利用しなければいけないのが、いささか面倒でした。

この度、Window10では、OS標準で、「PDF」の作成が出来るようになりました。

1.まず、「PDF」を作成したいソフトの「印刷」メニューをクリックします。
2.次に、「プリンター」の「Microsoft Print to PDF」を選択して印刷します。

これだけで、「PDF」の作成が可能です。これは便利ですね!

Window10で、PCの画面の操作を動画として「録画」

Windows10PCで、仕事を行っていると、PCの画面の操作を、資料として「録画」したい事が良くあります。

しかし、いざ、PCの画面を録画しようとすると、市販かフリーソフトの画面の動画キャプチャソフトを利用しなければいけないのが、いささか面倒でした。

実はこの度、Window10では、OS標準で、PCの画面の操作を動画として「録画」が出来るようになりました。

1.まず、動画を撮影したい画面で、「Windows」キーと「G」のキーを同時にクリックします。一番右側の歯車のマークは設定画面です。
2.右から2番目の赤い丸のアイコンをクリックすることで、PC画面の録画が可能です。
3.左から2番目のカメラのアイコンをクリックすることで、PC画面の静止画撮影が可能です。

これだけで、PCの画面の操作を動画として作成が可能です。これは便利ですね!

※PC画面の録画機能は、以下のアドレスに表記されたハードウェア要件を満たしたPCで動作します。ハードウェア要件を満たさない場合、機能しない為ご注意ください。

お時間のある方に

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*