ドライブ中の突然の尿意!おしっこをガマンする具体的な方法とは

スポンサーリンク

年末年始の帰省シーズン到来。車でUターン、という人も多いのではないでしょうか。そんな時に困るのが、渋滞中の車の中で突然やってくる「尿意」。
ヤバイ! どうしよう! いますぐトイレに行きたい! と冷や汗をかいた経験、ありませんか?
車に乗る前、パーキングエリアでちゃんとトイレに行ったはずなのに、困ったものです。だけど、この急に襲ってきた尿意を緩和する方法があるんです!

Q.急な尿意を抑えることができる方法はありますか?

尿意が急に起こったことの対応として、肛門と膣をギュッと締めて緩めるというのを繰り返すことが、いちばんの方法です。

これをすることで、“会陰排尿筋抑制反射”が働き、膀胱の異常収縮が抑えられると言われています。

この動きは、尿もれの予防・改善をする「骨盤低体操」と同じ原理です。

男性も同じように、肛門あたりを力を入れて緩める……と繰り返してもらうと効果があるかと思います。

そして、尿意つまり尿をしたいという意識をまぎらわすために、音楽を聴いたり、別のことに意識を向けることにも、効果があります。

急な尿意がおこったら、このふたつをあわせて行ってみてください。

Q.前かがみの状態でいると、おしっこが近くなるって本当ですか?

腹圧が膀胱にかかると、やはり尿意をもよおしやすくなるので、前かがみの姿勢も避けたほうがいいです。

Q.長時間トイレを我慢しなければいけない状況の時、事前に注意しておくことは?

カフェインを含んだお茶やコーヒー、アルコールはもちろんですが、オレンジなどの柑橘系のジュース、炭酸飲料は尿意をもよおします。

ドライブする前などは、これらの飲み物は控えたほうがいいかもしれません。

そして、体が冷えると尿意が出てくるので、足元を冷やさないのも大事です。

きちんと水分摂取しつつ、当たり前ですが、心配な方はこまめにトイレへ。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*