50代で考えたい資金計画

スポンサーリンク

会社を第一線で支える50代は、自らの第二の人生を考え始めなければならない時期でもある。年末年始の時間のあるときに、将来の資金計画をじっくり考えたい。

人生100年時代に向けて

子供がいて、仕事もしてという日常を送っていると、なかなか「リタイア後」の自分の姿を想像しにくいと思います。

ただ、50代は退職後のセカンドライフを考え、それに向けて「行動」しはじめなければならない時期であることも確かです。

今は忙しい日々を過ごしていても、退職すると途端に多くの「空白の時間」ができてしまいます。

これからは「人生100年時代」とも言われます。再雇用などで65歳まで仕事したとしても、人によってはその後に30年以上の時間ができるのです。

セカンドライフをどう生きるか。それぞれいろんな理想を持っていると思いますが、現実的には「リタイア後の生活資金を準備できているかどうか」でセカンドライフの姿は大きく変わってきます。

50歳以降の方の誕生月に届く「ねんきん定期便」には、このまま60歳まで同じ条件で加入し続けたものと仮定して計算した「年金見込額」が記載されています。

もし「ねんきん定期便」が手元になければ、「ねんきんネット」に登録することで、将来の年金見込額がいつでも確認できます。

その年金と退職金、そして貯蓄で100歳まで過ごせるでしょうか。

毎月の生活費に加えて、老後はバリアフリーにするために家のリフォームをしたり、地方ならば車を買い換えたり、病気になって医療費がかかったりと、予定外の出費が増えることもあります。

100歳までの生活費をシミュレーションし、それに200万円くらいの余裕資金を加えて総支出を計算してみてください。

それが年金と退職金、貯蓄で賄えないようであれば、支出を削るか、セカンドライフで(年金以外の)何らかの収入を得る必要があります。

収入を得る必要があるなら、すぐにでも検討を開始することをお勧めします。今ある会社の肩書きや立場がなくなっても収入を得るのは、簡単なことではないということは分かると思います。

準備には、数年単位の時間が必要です。退職してから考え始めるのは手遅れになりかねません。

資産運用で失敗しないために

リタイア後にありがちなのが、退職金を元手に資産運用して失敗するパターンです。

大きなお金が入ったからといって、それまでやったことのない資産運用に手を出すと、まずうまくいきません。

虎の子の退職金を減らしてしまうと、取り返しのつかない事態になります。

初心者が投資する場合は、少額から始めるのが基本です。

ある程度の大きなお金を運用するには、「運用に慣れている」「自分の投資スタイルが分かっている」ことが必要なのです。

退職金を運用することを考えているのであれば、50代のうちから資産運用を始めておきましょう。

初心者が初めてリスク性の資産を持つのであれば、2018年から始まる「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」がお勧めです。

毎月の投資額(積み立て額)は最大でも約3万3000円までで、しかも金融庁が長期の資産運用に適していると判断した商品にしか投資できないので、比較的リスクが低く、商品選びの判断もしやすいのが特徴です。

リタイアするまでの長期間(できれば10年以上)、積み立てをしていくと、資産運用の勘所もきっと身についてくるでしょう。

現在の収入・支出、そして貯蓄を把握し、将来どんな暮らしをしたいのか。それを見定めていくための第一歩を、ぜひ年末年始に踏み出してみてください。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*