人事部は見た! 就活生、マナー以前の減点アクション5選!

スポンサーリンク

学生の常識は、社会人の非常識!就活事情を企業の人事担当者に調査した結果、マナー以前の部分に意外な落とし穴があると判明。目撃談を反面教師にすべし!

「署名なしで『忙しいですよね。。。 お返事お待ちしています。。。』 とメールが。誰?」

減点危険度:★★★☆☆

「LINEに慣れた今ドキ就活生は、署名をつける習慣がないのかも?」(Bさん:以下B)、「文末の『。。。』は堅苦しさをやわらげるためだったのかもしれませんがビジネスメールではアウト!」

「大学名も名前も告げず、『人事いますか?』と突然電話をかけてくる」

減点危険度:★★★★☆

せめて「人事"の方"」でしょ!「まずは『御社を受けている●●大学の○○です』と名乗るのがマナー。顔の見えない電話口だからこそ丁寧に。人事の前でだけきちんとすればいいというのは勘違いです!」

「説明会終了後、登壇者を捕まえてひとり占めにして質問攻めに!」

減点危険度:★★★☆☆

熱意は伝わるけどコミュ力には疑問!「確かに質問は熱意をアピールするチャンス。ですが、多くの参加者がいる中での、気づかいのない自己中心的な行動からは、"コミュニケーション能力に疑問のある学生"という悪い意味での印象のほうが強く残ってしまいます」

「ESにオレンジ色のシミが。もしや、ミカンの汁?」

減点危険度:★★★☆☆

「ESが汚れていたり、ATMに設置されている銀行の封筒で送られてきたりすると、内容がよくても印象ダウン。手書きや写真添付などの形式を守らない人も"説明を読んでいないな"と減点対象に」

「OB・OG訪問の希望日を聞いたら『土日で』と即答」

減点危険度:★★★★☆

「社会人の休日を奪うつもり……? 会社を通じてOB・OG訪問を依頼された場合、こちらも面接の一環と考えて人選します。質問の場ではありつつ、あなた自身も見られていることを忘れずに」

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*