「プチ潔癖」の人が忘年会でされたらイヤ~なことは? 1位は“鍋のシメ”で

スポンサーリンク

混み合った店内&至近距離で飲むことの多いこの季節は、自分のなかに眠っていた微妙な「潔癖症」に気づかされる季節でもあるのだ。

そこで、“忘年会などの飲み会で気になる「プチ潔癖」ポイント”について、20代の現役サラリーマン221人にアンケート調査を実施した!

「汁を鍋に戻す」は衛生面で萎える人続出。“プチ潔癖症”に鍋は地雷料理!?

もっとも多かったのは、「鍋の“シメ”の際、各自が取り皿から汁を鍋に戻す」行為。雑炊やうどんなど、シメの炭水化物を煮込む際にスープが少ないと、鍋奉行が「みんなの皿からちょっと戻して!」と指示を出すことがある。ええ~…。

コレに対し、

「さすがに唾液とか何が入っているかわからないので気持ち悪い」(26歳)、
「衛生状態に問題があるのではないかと思うから」(29歳)、
「風邪やウイルスに感染しそう」(26歳)

など、ブーイングのコメントが続出した。

「飲みかけのスープを戻すくらいなら、追加料金を払ってでも汁を追加したい!」(25歳)という意見も。

また、7位にも「複数の人で同じ鍋をつつく」という行為がランクインしている。

飲み会の定番になっている鍋だが、「プチ潔癖」的観点から言うと地雷が多い食べ物なのだ。

乾杯用にビールを注いでいると「グラスが汚い…」。スタート時点からテンション下がる

3位の「出された店のコップが汚れている」は店側も忙しいこの時期だからこそありがちなトラブルだが、

「乾杯からテンションが下がる」(27歳)、
「グラスが汚れている時点で、清潔感がない店だと思いその後の料理も楽しめない」(24歳)

という意見が寄せられている。

ほかに目立ったのは6位と8位の「一口ちょうだい」問題。

さまざまな料理が出るビュッフェ形式の忘年会などで発生しそうだ。

「図々しい」(29歳)、
「欲しかったら自分で注文したらいいのにと思う」(26歳)

と嫌悪感を抱く人も多いようだが、「潔癖症だから本当はイヤだけど、ケチだと思われたくないからあげる」(23歳)という人もいたので、「一口ちょうだい」と言いがちな人は注意しよう。

「特にイヤなことはない」という広い心の持ち主(?)も17%存在。マジですか?

一方で、2位に「特に(イヤなことは)ない」という回答がランクイン。つまり、上に挙げられていることのすべてが“OK”ということ! だいぶ心が広いというか、無神経というか…。こういう人が出世するような気もする。

「使用した箸での料理の取り分け」もイヤだと回答した人は少なく、意外と“許容範囲”な人も多いみたい。

このように、「プチ潔癖」な人と「気にしない」という人が混在しているのが、お座敷宴会の難しいところである。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*