若いのに文字がかすむ人、もしかしてスマホ老眼かも

スポンサーリンク

「最近、文字が良く見えないなぁ」と思ったことはありませんか?
40代や50代であれば老眼も疑わしいのですが、20代や30代でも同様の症状が出ている人が増えています。
もしかして「スマホ老眼」かもしれませんよ。

スマホ老眼

最近、20代~40代の比較的若い世代でも老眼に似た症状が増えてきています。

一般的に老眼の原因は、目の老化にともなうピント機能が衰えることが原因です。

しかし、なぜまだ若い世代にそのような症状が出てしまうのでしょう。

その大きな原因の1つとされているのが「スマートフォン」です。

スマートフォンを毎日長く使っていると、目のピントが合いにくくなります。そして、近くのものがぼやけるという老眼に似た症状が出てきます。これが「スマホ老眼」と呼ばれているものです。

目は、ピントを合わせるために目の筋肉(毛様体筋)を使います。

近くで物を見ることが長時間続くと、目の筋肉は緊張し疲れてしまいます。目の筋肉が疲れてくると焦点が合いにくくなり「スマホ老眼」の症状が出てくるのです。

また、目の疲れは、頭痛や肩こりなども引き起こしますので気をつける必要があります。

サプリも登場

このスマホで目を酷使している人を対象に、健康食品メーカーのファンケルが「スマホえんきん」というサプリメントを発売しました。

このサプリは、目の疲労軽減に役立つポリフェノールを配合しています。

 


ファンケル(FANCL)スマホえんきん増量パック[機能性表示食品] 約30日分+3日 60粒+6粒

また、ブルベリーも目に良い食べ物として良く知られています。


わかさ生活 ブルーベリーアイ 31粒 (約1ヶ月分 )

とはいえ、サプリを飲むだけでは根本的な解決にはなりません。

また、「スマホ老眼」と言われていますが、目を酷使するものといえばパソコンもそのひとつです。

パソコンやスマホの画面を近距離で見続けていると、近視になるのはもちろんのこと「スマホ老眼」のような症状も出てしまいます。

これが繰り返されると、老眼が早く発症する恐れもあるので気をつけたいところです。

目の酷使を避け、目にいい食べ物を

「スマホ老眼」を防ぐためには、やはり目を酷使しないことが一番重要です。長時間、連続で画面を見つめ続けないように、一定時間ごとに適語な休憩をとりましょう。

できれば、1時間おきに10分から15分休憩するように心がけたいものです。

また、仕事でパソコンを長時間使った日はスマホの利用時間を減らす、また逆に、スマホを長時間使った日はパソコンの利用時間を減らすといったように意識的な調整も効果的です。

先ほど紹介したサプリなども有効ですが、日頃から食生活で目に良いとされる食べ物を採り入れるのも忘れてはいけません。

老眼や視力低下といった目の不調には、原因となる「活性酸素」から守ってくれる「抗酸化作用」を持つ食材が効果的と言われています。

活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことです。 私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。活性酸素は殺菌力が強く、体内では細菌やウイルスを撃退する役目をしています。

抗酸化作用に効果的な食材としては、

アボカド、トマト、バナナ、ニンジンなどの緑黄色野菜、大豆製品、にんにくやしょうがなどの香味野菜、無縁アーモンドなどのナッツ類、ブルベリーやいちご、りんごやみかん、カカオや赤ワイン、緑茶やルイボスティー、ココナッツオイル、ゴマ

などが有名です。

例えば、レモンやキウイ、いちごなどに含まれるビタミンCは、水晶体の酸化を防いでくれます。
アーモンドやアボカドに含まれるビタミンEは強い抗酸化作用を持っています。

一度、落ちてしまった視力を元に戻すことは難しいので、目の健康にいい食べ物も食べながら、パソコンやスマホを使い過ぎないような生活を心がけていきましょう。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*