自慢してくる女たちが正直うざい!困ってるアピール編

スポンサーリンク

みなさんの周りには、「困っているんだ~」と見せかけて、実は自慢をしてこようとしてくる人はいません?
普通に自慢をしてくるなら突っ込みもできますけど、あくまで「困っている風」を装っているため、相談に乗ったり相手を褒めたりせざるをえません。
ここでは、そんな困っているように見せかけて自慢してきた女たちのあるあるエピソードをご紹介。

告白されて困ってるの(モテ自慢)

彼氏がいる子が、「男友達に告白されて困ってて~」って相談。
「モテるね!」っていったら「そんなことないよ~」とか言いながらニヤニヤ。

もっとも多い困っている自慢あるあるエピソードは、モテ自慢。

「彼氏がいるのに告白された」
「ふたりの男性からプロポーズされて困っている」

など、困っているようにみせかけてモテていることを自慢したいタイプの女性。

相談しているようで、実は「私ってこんなにモテるのよ」と自慢したいだけなので聞いているほうはイラッとすることも。
また、この手の女性に限って男性に媚びがちだという声もあり。

またナンパされちゃった(可愛い自慢)

約束していた時間に遅刻してきた友達に「ナンパがうざくて間に合わなかった。ほんと、毎日のようにナンパされて大変だわ」

ナンパされることが女として価値があることのように自慢する女性。
遅刻の言い訳としてナンパを使うことも多く、相手を腹立たせることも。
SNSで「またナンパされた」「こんなにナンパされるって軽くみられてるのかな」「ナンパされすぎて歩けない」などとつぶやくこともあるため、周囲からはひそかに痛い女性だと認定されていることもしばしば。
また「行きつけのサロンでカットモデル頼まれちゃった。失敗されたらどうしよう~」などという遠回しの自慢をすることもよくある。

食べても太れないんだよね(痩せ自慢)

「スタイルよくていいな!」って褒めたら、「どんなに食べても太れないんだよね。女の子は顔がまるくて太っているほうが可愛いし、うらやましいよ」

「食べても太れないんだよね」と言いつつ実は裏でダイエットに励んでいたり、「太っているほうが可愛い」などとフォローになっていないフォローの仕方をする女性も多いのです。
また「タイツがあまっちゃう」などといった遠回しの脚細い自慢をすることもあり。
年中ダイエットしている女性から見れば、イライラしっぱなし。

まとめ

どうでした?あなたの周りにこんな女性いませんか?

自慢をしたいならする、しないならしないで割り切るほうが好まれます。
とはいえ、自慢したいときについやってしまいがちだというのも事実。
自分は言わないように気をつけたいところですね。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*