これがあなたの一日をダメにする朝の習慣です

スポンサーリンク

ベッドから起き上がるのは一苦労だし、きょうの一着はまだ畳んでいない洗濯ものの山から漁って決めてるし、ゆっくりコーヒーを飲んでいるヒマもないのが現状。
こんな状況を抜け出し、余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい!
そんなあなたの一日をダメにしている10のことをご紹介します。

あなたの一日をダメにする10のこと

あなたがたとえ朝型じゃなくても、朝の過ごし方が1日に与えるインパクトは知っているはずですよね。だからこの記事を読んでいるのでしょう!
朝をどう過ごすかで一日の気分も大きく左右されます。

朝には数え切れないほどスヌーズを押して、慌ただしく家を飛び出て、職場まではタクシーを使っちゃうようなら、朝の習慣を変えてみるのもありです。

健康的かつ効率的な朝を送るためには、普段より一時間くらい早く起きないといけないんじゃ???なーんて思うかもしれませんが、実際はその逆です。
正しく物事をこなす方法さえ知っておけば、一時間弱で支度も終えられますし、焦りモードでランチを迎える必要もなくなりますよ。

毎日のルーティンをちょっぴり変えるだけで朝のポテンシャルを最大限に引き出しましょう。
スケジュールをガラリと変える必要も、新たな商品を手にする必要もありません。
まぁ、強いて言えば、毎朝「している」ことと「していない」ことに目を向けるだけ。
するとあなたの朝は大きく変わってくれるはずです。

スヌーズに振り回されている

スヌーズボタンを押しまくる人っていますよね。
これはDrocklingといって、寝たり、起きたりの行為を繰り返すことを意味する睡眠語彙に値する行為なんです。

一発で起きるよりも複数回スヌーズを押して目覚めたほうがだるく感じてしまうのは、Drocklingが体を混乱させているからなんだそうです。

朝食を抜いている

朝食とは一日の中で最も大事な食事です。世の母親も、先生も、みんな口を揃えてこう言いますよね。

朝食は新陳代謝を上げるのに最適なツールです。朝の一口こそが、一日を生き抜くエネルギー源となります。

だから朝食は抜かないでくださいね!

すぐに音を耳に入れようとする

朝からイヤホンを耳に突っ込んでいませんか?

朝は、お気に入りの音楽を流すのをグッと我慢し、外の音に耳を澄ましましょう。

車が走る音、周りの会話、鳥の音。ノイズキャンセリングのイヤホンを引っこ抜くと、大きな世界が見えてくるはずです。

水を飲まない

案外、健康にまつわる悩みって水を飲むと解消されるもの。

頭痛、疲れ、そして電車が30分遅延していると知ったときに感じる苛立ち。

一日の摂取目安は9杯(2.12L)ですが、まずは2杯を目指してみてください。

仮に1杯しか飲めなかったとしても一切飲まないよりかはマシなはずですから。

ソーシャルメディアを隅々までチェック

起きてすぐインスタグラムをチェックするのは、あなたを素敵な一日から遠ざけてしまう残念な行為です。

まずは試しに3日間、目覚めと同時にSNSをチェックする習慣を断ってみましょう。
3日後には、よりハッピーな自分に出会えているはずです。
さらには効率的に動けるようになりますし、集中力も増しますよ。

瞑想する時間を作らない

一日の平均呼吸数は17,000回。それでも呼吸の大切さが見えてこない?

ではこれを聞くとどうでしょう。
一定のリズムで深く息を吸うと心拍数と血圧ってほぼ一瞬にして下がるのです。

始めるのを躊躇する人が多い瞑想。

でもこの記事をきっかけに、起床直後に「静かに呼吸に集中する時間」を10分だけ設けてみるのはどうでしょうか?

運動をしない

ボクシングでもジョギングでも、居間で数回腕立て伏せをすることでもいいです。
朝から「集中力・新陳代謝・効率性」の3つをグンとあげてくれるのは、やっぱり運動に尽きます。

さらには、継続的な運動は不安やストレス、それから鬱の気分を解消してくれるそうです。

加えて定期的に運動している人のほうが平均としてキャリアで成功する確率が高いそうですよ。

どうです?運動する気になりました?

一日のスケジュールをパンパンに詰め込む

パンパンにスケジュールを詰め込まず、一日の終わりには明日のエネルギーを蓄積できる「リラックス時間」を作りましょう。

熱々のシャワーを浴びている

深い深呼吸をしてから、シャワーのノブを思いっきり水色の冷水マークまで回して。ひんやりとした冷水が体に降り注ぐと叫びたくなるかもしれないけど、冷たいシャワーは気分をあげる化学物質の分泌が促進させてくれるため、人をハッピーにさせます。

体温が冷めると、目もバッチリ覚めるはずですよ。

頭にあるのは、ショートタームのゴールのみ

今日の夜、寝るまでの一日のあなたのゴールになっていませんか?

どうせなら週内、月内、年内までに達成したいゴールを設定しましょう。

何もそのゴールに対してストレスを抱える必要はありません。毎日そのゴールに向けて何かしら行動を起こしていくと、逆に気持ちは安定し、ワクワク感が増します。

また、長期的な目標を心に留めておくと、軸もブレないため、優先するべきものがクリアになるでしょう。
すると小さなことも気にならないので、心が楽になります。

まとめ

どうですか?朝の習慣をちょっと変えてみようと思いました?

最後までお読みいただきありがとうございました。

お時間のある方はこちらもどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でzooを

スポンサーリンク

コメントを残す

*